蓮沼執太フィルのニューアルバム、「アントロポセン」の店舗購入限定特典リミックスCDに参加しています。 松浦は”Anthropoce

蓮沼執太フィル「アントロポセン」店舗特典リミックスCDに参加(2018-07-18)

7/14、九州大学大橋キャンパスにて行われる、日本音楽学会西日本支部第42回例会にて作っている楽器Exidiophoneについての研究発表(題目としては「話題提供」という形になります)をします。 https://www.musicology-japan.org/activity/meeting.html

日本音楽学会西日本支部第42回例会にて研究発表(2018-07-13)

2018/7/1に水道橋Ftarriでライブをします。すずえりさん+池田謙さんデュオ、正直+中村としまるさんトリオ、松浦のソロというなんとも緊張する組み合わせですが楽しみです。

【ライブ】7/1 フタリのさとがえり@水道橋ftarri(2018-06-15)

2017年末に増田義基、岡千穂と企画してライブをやった電子音楽や実験的な音楽について考えていくイベント【緑青】というイベントの続きをやります。今回は単なるライブではなく、6/22にお互いの各作品を聞いて話をするライブ配信と、7/27に歌を作ってミニライブを行うという2本立ての企画になっています。 ライブストリーミングのURLなどはまた後日更新します!

緑青vol.1【復習|Relisten】&2【練習|Practice】を開催します(2018-06-15)

今年の9月〜11月の3ヶ月の間、ニューヨークでSchool for Poetic Computationという学校に参加してきます。 https://sfpc.io/

School for Poetic Computation Fall2018に参加します(2018-06-13)

2018/06/03~06/08までアメリカのバージニア工科大学で開催されている国際学会NIME(New Interface for Musical Expression)で作品「Aphysical Unmodeling Instrument」の展示を行います。 https://nime2018.org/ https://nime2018.sched.com/exhibitor/matsuura.nonymous

New Interface for Musical Expression 2018で作品展示&ポスター発表(2018-06-01)

2018年7月8日にフィールドレコーディングなどで活躍するKINK GONG氏の日本ツアーで、福岡薬院IAF SHOP*でのライブに参加します。 Sublime Frequenciesを始め様々なところで活躍するKINK GONG氏、アンビエントヤクザを名乗り膨大な量のレビューを書きまくっているよろすずさんことShuta Hirakiさん、レコードショップカラヴィンカミュージックのコテカさんとなかなか濃い組み合わせで非常に楽しみです。松浦は少しづつアップデートしている自作楽器Exidiophoneを持っていくつもりですが、せっかくフィールドレコーディングなどが話題に上がりそうなのでなにか別のことを試してもいいかも、などと考え中です。よろしくおねがいします。

【LIVE】 7/8 KINK GONG JAPAN TOUR 2018 電磁的音族(2018-06-01)

2018年5月26日に蓮沼執太フルフィルの公開リハーサルに参加しました。 レポートがナタリーに掲載されています。 https://natalie.mu/music/news/284063 8/18の本番「フルフォニー」のチケットの発売が始まっています。よろしくおねがいします。 https://www.red-hot.ne.jp/play/detail.php?pid=py16752

蓮沼執太フルフィル公開リハーサルに参加(2018-05-30)

2018年4月17日~22日にミラノデザインウィークで行われる東京木材相互市場さんの「Tree of Gods YAKUSUGI」のための音楽コンテンツ制作、プログラミング、サウンドデザインなどを行いました。

ミラノデザインウィーク「Tree of Gods YAKUSUGI」サウンド制作(2018-04-17)

https://2018.alternative-act.tokyo 2018年4月14日(土)−15日(日) に、東京は北千住BUoYにてAlternative Act 1.0 Tech Performance Fes.というイベントに出演します。また、企画運営にも関わっています。松浦は先日の”FREQ2018 - 21世紀初頭の音と音楽”で披露した自作電子音響楽器”Exidiophone”でのパフォーマンスを行います。

【パフォーマンス】 Alternative Act 1.0 Tech Performance Fes.(2018-04-03)