この記事、音楽プログラミング言語って結局なんなのさ?は続き物でおおよそ週間ペースを目指しています。 言語仕様 データとプログラムの境目(本記事)

音楽プログラミング言語って結局なんなのさ? 2. データとプログラムの境目(2021-02-19)

この記事は続き物でおおよそ週間ペースを目指しています。 言語仕様(本記事) データとプログラムの境目 松浦知也です。ここ2年ぐらい音楽のための新し

音楽プログラミング言語って結局なんなのさ? 1.言語仕様(2021-02-12)

2020年の締めくくりがどうとかでもなく、単に日報が続かなかった戒め的なやつ。書いてたら途中で全部消えたので縮小版。 音楽 2019年3月に録音

年報2020(2020-12-31)

今年度前期、福岡女学院大学で「サウンド・デザイン」というタイトルの講義を持ちました。実はまだ成績評価という仕事が残っているけど、忘れないうち

はじめての非常勤講師(ハードモード)(2020-08-06)

ミト(クラムボン)インタビュー 小野島 大さんによるクラムボンのミトさんへのインタビューを読んで思ったこと。多分インタビューの中心とは違う部分な

ラウドネス規制にみる、Normalな音楽と公平性(2020-06-26)

人間がギターを始めると誰しも一度速弾きにハマる。「速い」というのは徒競走が「速い」というのと同じで、速いことは偉いことになるからだ。人間は速

遅い音、速い音とそよ風になるコンピューター(2020-04-03)

昨日大学の授業開始が一週間遅れることが決まった。非常勤先の開始は二週間遅れになった。 3月ということもあるし、やはり2011年を思い出さずには

遠くに音を届ける(2020-03-25)

2019年度は、6月に未踏IT人材育成・発掘事業というものに採択されひたすら音楽プログラミング言語を作っていました。未踏そのものについての記

mimiumができるまで(2020-03-08)

去年の6月に未踏IT人材育成・発掘事業に採択され、2月16日に最終成果発表会を終え、成果報告書を先週提出し、一応ひと段落しました。 この未踏と

未踏が終わりました(2020-03-08)

最近、Macのハードディスクをぶっ壊した。幸いなことにバックアップは完璧だったので75GBくらいある音楽のデータファイルも無事だった。 と言っ

ソースコードがそのまま音楽メディアになるルートの未来はあるのか(2019-05-19)